中国語版 | 日本版
現在の位置:トップページ > トピックス
徐建新中国社会科学院歴史研究所研究員による講演
( 発表時間:2017-03-16 アクセス:次)

11月15日午後、本学院は中国社会科学院歴史研究所の徐建新研究員を招き、学生および教員を対象に「東アジア国際関係を背景にした琉球の国家観」というテーマで講演会を開いた。

国家観は、主観的、個人的なものであり、人類の歴史の発展に伴って変化するものでもある。徐建新研究員は琉球の国家観について、様々な角度から詳しく解説した。現代の琉球社会における国家観は極めて複雑である。今後は沖縄だけでなく、我が国全体の発展に重大な影響を与えるに違いない、と最後にある一連の問題を投げかけ、参加した院生たちに研究と思考の余地を残して閉講となった。

徐建新研究員の素晴らしい講演は、本学院の教員および院生に強烈な印象を残すとともに、非常に意義深いものとなった。。                   

なお、徐研究員は中国社会科学院歴史研究所助手研究員・副研究員・研究員・世界古代中世期史研究室副主任・主任を歴任している。

翻訳者